2024年6月中旬~3ヶ月間日本一周の旅に出ます!

拾ってきた家

気がつけば今、五郎の生き方

『北の国から』のロケ地。『北の国から’02遺言』のロケ地で観光スポットとなっています。

拾ってきた家。気がつけば今、五郎の生き方っていうキャッチフレーズがなんとなく頷ける感じでした。
子供の頃はそう思ってたけど、今はそんなこともう思わないよなぁ・・というような本質的なことというか、そんな感じのこと。

ドラマ「北の国から」「2002遺言」の中で、黒板五郎が廃材を集めて作った家。
大量廃棄社会への警鐘が含まれており、その不思議な風貌が人気を集めているそうです。

家のクオリティが凄すぎた!!
坂口恭平のモバイルハウスを思い出しました(ちょっと違うかな・・・)

北の国から’02遺言

富良野では、蛍(中島朋子)が町を出ていった純(吉岡秀隆)と夫の正吉(中澤佳仁)に思いを巡らせ、3歳になった息子の快(西村成忠)と共に暮らしていた。2人は、草太(岩城滉一)から引き継いだ牧場を潰し、多額の借金を残しこの町を出て行った。五郎(田中邦衛)は「時代の運命」と言うが、居場所さえ知れない正吉をただ待つしかない蛍は辛かった。 そんな中、雪子の息子・大介(沢木哲)と、和夫(地井武男)の娘・すみえ(中島ひろ子)が富良野に帰ってきた。それぞれに問題を抱えての帰省のようだが・・・。その頃、純は羅臼という地で廃棄物処理をして暮らしていた。高村 結(内田有紀)という女性とも知り合い、結婚も意識するが、結にはただならぬ事情があると聞かされ尻込みしてしまう。 一方、五郎は蛍に言われ精密検査を受けるが、その検査の多さに我が身を案じ始めるのだった。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
じゃらんクーポンフェス

この記事を書いた人

写真で直感的に探せる日本各地の観光スポット紹介サイトです。47都道府県を旅した女子旅部員が旅行ブログ形式でおすすめ観光やグルメ、宿泊施設(ホテル・旅館)を紹介しています。
ツイッターとインスタグラムは毎日更新(予定)していますので、フォローしていただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次