パワースポット鹿島神宮はすごい?怖い?スピリチュアルで不思議な出来事が…|御朱印やお守り&見どころも|モーレツ女子旅部

鹿島神宮の観光情報・写真

鹿島神宮

鹿島神宮は、古文書では神武天皇元年(紀元前660年)の創建と伝えられています。近代まで「神宮」と呼ばれていたのは、伊勢神宮、香取神宮、そして鹿島神宮の三社のみで、由緒と歴史の長さでは別格の存在。日本全国に約600社ある鹿島神社の総本社です。旅立つ際に道中の無事を鹿島神宮で祈願する「鹿島立ち」の文化も育まれました。
鹿島神宮の森は県指定の天然記念物で、「鹿島神宮樹叢(じゅそう)」と呼ばれており広さは21万坪あり、800種を超える植物の宝庫です。

【御手洗池】

古来より、神職や参拝者の禊の場として使われている池で、今でも1月の大寒周辺に「大寒禊」が行われている。
1日40万リットルもの湧水があり、水面は澄み切っている。
御神水として湧水を持ち帰ることもできる。

【鹿園】

鹿島神宮の奥参道を進むと「鹿園」があります。
鹿島の鹿は、神の使い「神鹿(しんろく)」と呼ばれ大事に育てられてきました。
一説によると、奈良の春日大社へ武甕槌大神の御分霊をお祭りする際、鹿島から鹿の背に乗って鹿島立ちされたと伝えられ、「奈良の鹿の先祖は鹿島の鹿」だといわれています。

他のキーワード
鹿島神宮 すごい
鹿島神宮 怖い
鹿島神宮 なんの神様
鹿島神宮 見どころ
鹿島神宮 御朱印
鹿島神宮 パワースポット
鹿島神宮 スピリチュアル
鹿島神宮 不思議な出来事

2022-05-31現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。

鹿島神宮周辺の観光・おすすめ宿

神栖オートキャンプ場

砂山都市緑地[工場夜景]

麻生藩家老屋敷記念館

サッパ舟

西蓮寺

下津海水浴場

水郷潮来あやめ園

たいよう温泉とっぷ・さんて大洋