【和歌山県 世界遺産】渡海船の補陀洛山寺|御朱印、アクセスや駐車場は?

補陀洛山寺の観光情報・写真

補陀洛山寺

補陀落渡海とは、平安時代から江戸時代にかけて、小さな船に閉じこもり30日分の脂と食糧をたずさえて、生きながらにして南海の彼方にあると信じられていた観音浄土を目指すというもので、補陀洛山寺は補陀洛渡海の出発点として知られる寺です。2004年7月、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。

2022-01-27現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。

補陀洛山寺周辺の観光・おすすめ宿

新宮城跡(丹鶴城跡)

南紀すさみ温泉ベルヴェデーレ

湯快リゾートプレミアム越之湯

くじらのモニュメント

勝浦漁港

大門坂

南紀月野瀬温泉 ぼたん荘

湯の峰温泉 つぼ湯

太地町立くじらの博物館

荒船海岸

那智山青岸渡寺三重の塔と那智の滝

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

勝浦漁港にぎわい市場

鯨骨鳥居(恵比寿神社)

川原家横丁

瀞峡

道の駅たいじ

飛鳥神社

串本大橋

ホテル ホリスティック リゾート

Blue Mermaid

古座川の潜水橋

勝浦温泉かつうら御苑

忘帰洞 ホテル浦島

神倉山のゴトビキ岩

橋杭岩

熊野別邸 中の島

桑ノ木の滝

梶取崎

湯の峰温泉 湯の峯荘

湯の峰温泉

那智の滝

太地町立くじらの博物館

くじら浜公園

わたらせ温泉 ホテルささゆり