マイページ登録でお気に入りリストを保存できます!

藤七温泉 彩雲荘の観光情報・写真

岩手 > 安比・八幡平・二戸 > 八幡平 > 藤七温泉 彩雲荘

藤七温泉 彩雲荘

FavoriteLoadingお気に入りに追加する!

安比高原のおすすめ温泉宿

藤七温泉 彩雲荘

海抜1400m!東日本最高所の天然温泉。ご来光と雲海を眺める露天風呂を楽しむ温泉宿。早朝の朝焼け・ご来光、​眼下に広がる雲海。そしていくつも広がる露天風呂が人気です。
海抜1400メートル「東北最高地の天然温泉」白濁の湯と野趣あふれる露天風呂は開放感たっぷり、雄大な八幡平の景勝が目前に広がる雲上の秘湯宿。標高1400mということもあり、周辺は高山植物やゴツゴツとした岩がすばらしい景色。 そんな景色の中にお宿がポツンとあり、地獄からの湯けむりがお宿の横で立ち上る。

岩手県八幡平市松尾寄木北の又
盛岡駅よりバスで110分・田沢湖駅よりバスで130分・鹿角花輪駅からバスで150分

藤七温泉 彩雲荘 宿泊くちこみブログ

藤七温泉「彩雲荘」は最も簡単に登れる百名山としても人気の八幡平近くにあります。八幡平は雪解け時にはドラゴンアイ、秋には美しい紅葉が楽しめ、車でアクセスすれば駐車場から徒歩15分ほどで山頂にたどりつけます。この八幡平は冬の間は雪の閉ざされるため、標高1400mに位置する彩雲荘も冬季期間は休業です。藤七温泉の魅力はなんといっても八幡平の大自然の中に湧く温泉です。広大な敷地に設けられた露天風呂は解放感抜群。湯船につかると、足下からはポコポコと温泉が湧出していて、生まれたての新鮮なお湯を楽しめます。露天風呂は混浴が基本ですが、夜には女性専用時間帯も設けられているので、女性も安心して入れますが、解放感を味わうのなら、やはり日中にも入りたいところ。にごり湯なので、お湯につかってしまえば体の線とかは見えませんが、混浴になれないとなかなか難しいですね。露天風呂はいくつか浴槽があり、一番奥の浴槽は女性専用露天風呂になっています。女性専用部分にはよしずのような目隠しが設置されていて安心して入れます。ただその女性専用露天までは混浴の露天風呂の間を50mくらい歩いて行かなくてはなりません。内湯の脱衣所からタオル1枚で男性が入っている浴槽の間を抜けて行くのは少々不安なので、浴衣のまま脱衣籠を持って女性用の湯船まで行って入るのが良いでしょう。宿の方からそのように教えて頂きました。混浴の露天風呂以外に、宿泊者専用の露天風呂があり、こちらは男女別に用意されていますので、是非宿泊して宿泊者用の露天風呂を楽しむのが良いです。宿泊者用の露天風呂は八幡平の雄大な景色や朝日を楽しむことができます。もちろん宿には内湯もありますので、お天気が悪い日でも温泉を楽しめます。にごり湯の温泉はとても体に優しく温まりますよ。八幡平の中の一軒宿で、電気が通っておらず、自家発電という少し不便なところはありますが、館内は快適に過ごせます。基本的には6畳の居室だけのお部屋ですが、一部トイレがお部屋についているお部屋もあります。お部屋にテレビもwifiもありません。電気ポットの用意はあり、日本茶のセットもお部屋に準備されています。お食事は夕食・朝食とも食事処でとります。ビュッフェスタイルで、秘湯の宿ですから洒落た食材は並びませんが、八幡平の食材を取り入れた素朴なお料理はどれも美味しくいただけます。是非お食事も楽しんでください。公共交通機関でアクセスする場合は、岩手駅から八幡平行きのバスに乗り、八幡平まで乗車、その後宿の送迎をお願いするのが良いでしょう。車を運転される方は、マイカーまたは岩手駅でレンタカーを借りて行くと、素晴らしいドライブルートを楽しめます。八幡平の山頂付近には高層湿原が広がり、ほとんど高低差がないので、気軽にハイキングが楽しめます。また八幡平周辺には登山ルートもあるので、ハイキングも登山も楽しめ、疲れた体を温泉で癒すにはぴったりの温泉宿です。温泉旅館というよりは、山小屋に近いかもしれません。近代的な設備の宿を求める人には向きませんが、秘湯系の温泉宿が好きな方にはおススメの宿です。

みんなの藤七温泉 彩雲荘くちこみ・評判

藤七温泉 彩雲荘関連キーワード

藤七温泉 彩雲荘 ブログ
藤七温泉 秘湯を守る会
藤七温泉 ワニ
藤七温泉 彩雲荘 日帰り
藤七温泉 効能
藤七温泉 女
藤七温泉 彩雲荘 昼食
藤七温泉 日帰り 料金
FavoriteLoadingお気に入りに追加する!
2022年10月27日現在の情報です(初期登録:2021-06-07)
料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください

藤七温泉 彩雲荘周辺の観光・おすすめ宿

為内の一本桜

焼走り熔岩流

旭日之湯

黒谷地湿原

峡雲荘 入湯記

松川温泉 松川荘

八幡平

四季館 彩冬

管理人の旅ブログ