2024年6月中旬~3ヶ月間日本一周の旅に出ます!

香川つぼみツアー#2

目次

うどん県高松市体験ツアー つぼみと出逢う②

旅した日:2016年9月24日~25日

うどん県高松市体験ツアー つぼみと出逢う①の続きです。

SONY DSC

2日目はちょっと朝早くにゲストハウスを出発して、カタマランヨットで瀬戸内海巡り、からの男木島上陸ツアーです。

カタマランヨットってなんだろう?双胴艇ヨットのことだそう。

SONY DSC

ヨットハーバーのそばの植え込みに、何故か、パンツが落ちてました(笑)

SONY DSC

乗り込みます。若干天気が心配。曇天。

SONY DSC

カタマランヨットは双胴艇=胴体が二つあるので、こんなスペースも。ハンモックみたい。

SONY DSC

あみあみがお尻に食い込みますが、ゆらゆらして気持ちがいい。

ハンモックな感じなので船酔いもへっちゃら。

SONY DSC

ビバヒルのようなワンショット。

※ビバヒル=ビバリーヒルズ青春白書。

SONY DSC

こんな態勢で瀬戸内海を満喫。

SONY DSC

あいかわらずやわらかい海。小さな島々があちこちにあるので、ヨットを進めるたびに違った表情を見ることが出来ます。飽きない。

SONY DSC

そして男木島に到着。人口わずか200人以下という男木島は、別名「猫島」と呼ばれるほど、猫がいっぱいいるらしい。

海から見ると良くわかるけど、男木島は平地の少ない急傾斜の島。

斜面を覆う集落には、迷路のような路地があってすこし尾道の雰囲気に似ているなと思いました。

瀬戸内海の島は空気感が似ているんかな?たぶん外部の人間だからそう思ってしまうのかも。

外国人が日本人の顔を見分けられないのと同じようなもの?ざっくりとじゃなくて、各土地土地のそれぞれの空気感や人の違いも知りたいなと思いました。日本人の顔を見分けられる外国人になりたいです。

この男木島、猫だけじゃなくて、瀬戸芸の作品もいっぱいあります。

SONY DSC

上陸した。

SONY DSC

瀬戸芸:作品No. 055 Lighthouse Keeper

”木下惠介監督の映画「喜びも悲しみも幾歳月」には、男木島の灯台が登場する。

そこに語られる物語と、実際の島の人々の生きざまをもとに作品をつくる。

島に新たな光を灯すような作品だ。”(瀬戸内国際芸術祭 2016WEBサイトより引用)

SONY DSC

男木島図書館を目指します。

SONY DSC

瀬戸内国際芸術祭ボランティアサポーター「こえび隊」オンバ・ファクトリーさんの乳母車かな?

“オンバ・ファクトリー:坂道や細い路地が多い男木島では、オンバ(乳母車)が必須品である。島の人たちのオンバにカラフルなペイントや装飾を施し、日常的に使えるアートに仕立てた。”(瀬戸内国際芸術祭 2016WEBサイトより引用)

SONY DSC

狭い路地や坂道をトコトコ歩いて、男木島図書館に到着!

今回、男木島図書館をつくられた福井順子さんのお話を聞けるのだそう!楽しみ。

福井さんは2014年男木島に移住されたそうです。

SONY DSC

男木島図書館、離島という場所で地域に愛される場所を創る。

本と人、人と人、本を通じての繫がりを創る。知識を平等に分け与える場所を創る。

という活動理念のもとに運営されているそうです。

SONY DSC

ほっこりする雰囲気。こんな雰囲気なら島の人みんな入り浸ってしまうのではないかなぁ

SONY DSC

2階もあります。2階は琉球畳のスペースがあって、寝っ転がって本読んだら気持ちよさそうでした。

写真の左側の方が男木島の福井さん、右側の方がNPO法人アーキペラゴのツアーナビゲーターさん

SONY DSC

福井さんのお話しをお伺いする時間。

移住したきっかけの話、男木島図書館をつくるきっかけの話、すごくキラキラした表情で語ってくださってます。

移住にあたってクローズしていた小学校を再開校させるなど、クールビューティーなのに熱い!

移住のきっかけは旦那様が男木島出身で、あんなことやこんなことがあって・・という濃すぎて文章には書けない感じですが(笑)

SONY DSC

移住にあたって福井さんが所蔵していた大量の本、捨てたくない・・・図書館つくっちゃえ!みたいなお話もすごく面白かった。

福井さん、なんか誰かに似てるな??とお話を聞いている間中、思っていて旧姓の「額賀」さんの苗字にも聞き覚えがあって・・・

うーん。なんだろう。って思ってたら、IT系のイベントで何度もお見かけしたことのある方でした。

WordPress(WEBのやつ)界でメッチャ有名な方やった(笑)

あとからFBを拝見して、共通の友人が沢山いたので、「あ!あの方か!!」と後で歯ぎしりしました(笑)もっと早く気付いてお話ししたかった・・・。

SONY DSC

港にはプリンの無人販売も

SONY DSC

瀬戸芸:作品No. 053男木島の魂 港のすぐそばにあります。

“船で島に来た人を迎える、港の半透明の空間。

屋根にはさまざまな文字が組み合わされ、日中はその影が地面に映る。”(瀬戸内国際芸術祭 2016WEBサイトより引用)

SONY DSC

海面に揺れる”風”

SONY DSC

瀬戸内の空と海を映す。

SONY DSC

猫島で見つけた第一島猫。

人に慣れているみたいで近寄っても触っても全然逃げません。

SONY DSC

男木小中学校 みんなのはたけ

SONY DSC

「民宿 さくら」さん。ツアー参加者のさちさんが、何かのゆかりがあるそうで、おすすめの宿だそう。

ゲストハウス大好きなさちさんが言うなら間違いない。

漁師でもあるオーナー夫妻が運営するさくらでは、男木島近海で獲れた旬の魚介類や自家菜園の無農薬で育てた野菜をふんだんに使った家庭料理が味わえるそうですよ。

SONY DSC

島ランチを頂くために、ビストロ伊織さんへ。

伊織さんの目の前にいた猫ちゃん。

SONY DSC

このビストロ伊織の店主の前田さんは丸亀出身で2015年に家族で男木島に移住をしてきたそうです。

ご自身でセルフビルドしたお店だそう!

SONY DSC

伊織さんで島ランチを頂きながら、男木島住民の方のお話を聞くことが出来ました。

男木島図書館のスタッフのさいとうさん(すごく若い女性!!)の移住エピソードは、かなり興味深くて、こんな選択もあるんだなぁと。

瀬戸芸で初めて男木島を訪れたときに、「ここに住めたらいいなぁ」と思ったそうです。

島の人がフレンドリーでやさしかったみたい。

あとは移住するタイミングがよかったんだろうなって。

どんなに「この土地に住みたい!」って思っていても、自身の取り巻く環境や移住先の受け入れ環境、ほかもろもろ、どれか一つでもだめだったら無理。

逆にぱっとその土地に来て、トントントンと移住することになっちゃった人もいるわけで。

ランチをご一緒したオンバファクトリーの大島さんが「みきちゃん(さいとうさん)は豊玉姫神社の神さんに呼ばれたんやぁ」と言ってたのが妙に納得。

SONY DSC

島の食材を使ったフレンチ、超おいしい!

SONY DSC

デザートも!

伊織の店主の前田さんのお話もかなり面白かったです。

彼女との男前エピソードもっと聞きたかった。。

どんなエピソードかは男木島に行って直接前田さんに聞いてみて下さい(笑)

SONY DSC

色んな方の移住体験のお話を聞いて、ちょっと自分にも宿題が出来たような、そんな気持ち。

5年前くらいは本気で尾道に住むことを考えてたなぁとか、過去の自分に出逢ったような、ちょっともやもや。

SONY DSC

今も、仕事柄、PCと電話さえあれば仕事ができる環境で。

いろんな土地で仕事をしながら暮らしてみるのもありかもしれないなんて漠然と憧れみたいなものはあります。

でも実際は行動に移すことをためらって、というか、無理やなぁーと決めつけてしまってる。

でも今いる場所じゃないどこかに行きたいからわたしは一人旅どまりなのかもしれない。

さいとうさんが豊玉姫神社の神さまに呼ばれたように、わたしもいつか何処かの土地で呼ばれることがあるのかなぁ・・なんて思う男木島の午後。

SONY DSC

高松に戻るときに女木島の西浦の塔(OKタワー)に寄ってくださりました!

外側は島の人たちの似顔絵が描かれていて、内側は思い出の品なんかが展示されているそう。

女木島には桃太郎伝説の鬼ヶ島という説があるそう。

鬼ヶ島大洞窟なんかもあるらしい。

今回のこの「つぼみと出逢うツアー」、最初はこのネーミングの意味がわからなかったけど、実際に参加してみて本当にいろんな宿題も持って帰れたような気がします。

これからの生活や仕事や旅について改めて考えるつぼみいっぱいもらいました。

ブリザーズスクエアの実行委員の方をはじめ、この企画ツアーに携わってくださった全ての方に感謝です。ありがとうございました。

SONY DSC

沢山の感謝をこめて。

ブリーザーズスクエア

ナビステとは、高松のイベントや見どころ情報をお届けする観光情報発信拠点です。
ことでん瓦町駅改札口を出ると直ぐ、「どこがおススメスポットなのか、その日はどんなイベントがあるのか」など、あなたの旅をサポートします!

https://www.brsq.net/navi-station/

NPOコットン

NPOコットンは、讃岐三白のひとつ『わた』をメインに、「種から綿へ」「綿から糸へ」「糸から布へ」の全工程を昔ながらの手仕事で行おうとしている活動団体です。

https://www7b.biglobe.ne.jp/~npo-cotton/

NPO法人アーキペラゴ

NPO法人アーキペラゴは、瀬戸内海に面した香川県高松市に本拠を置く非営利活動法人です。

https://www.archipelago.or.jp/

TEN to SEN

TEN to SEN は、ことでん瓦町駅から徒歩 5 分、高松中央商店街に 隣接した市街地中心部にあります。 セルフリノベーションでコツコツ手作りしたゲストハウスは、 少し無骨なのに温かみがあり、新しいのになんだか古くて懐かしい。

https://tentosen.jp/

男木島図書館|Ogijima Library

男木島図書館は「特定非営利活動法人 男木島図書館」にて運営されている私設図書館です。図書館は皆さまからの寄付で運営されており、基本無料で利用できます。

https://ogijima-library.or.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
じゃらんクーポンフェス

この記事を書いた人

写真で直感的に探せる日本各地の観光スポット紹介サイトです。47都道府県を旅した女子旅部員が旅行ブログ形式でおすすめ観光やグルメ、宿泊施設(ホテル・旅館)を紹介しています。
ツイッターとインスタグラムは毎日更新(予定)していますので、フォローしていただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次