龍飛崎温泉 ホテル竜飛 | 津軽半島・五所川原の穴場観光| 旅らぶ♡女子旅おすすめスポット

旅らぶ47都道府県制覇の女子旅部による観光スポット紹介

青森 > 津軽半島・五所川原 > 龍飛崎温泉 ホテル竜飛

龍飛崎温泉 ホテル竜飛

津軽・竜飛のオススメホテル

龍飛崎温泉 ホテル竜飛

青森県津軽国定公園、龍飛崎温泉の宿. … 津軽海峡が目の前に広がる天然温泉。 大浴場と露天風呂からは津軽海峡、天気が良ければ北海道の山なみを一望できます。冷え性、慢性皮膚病、神経痛、筋肉痛、 関節痛などに良く効くお湯です。

津軽半島最北端☆ホテル直下は青函トンネル!津軽海峡一望の一軒宿。

青森市内から車を走らせること約1時間半、雄大な津軽半島最北端の龍飛崎に「ホテル竜飛​」はある。まず、この地ならではの見事な海景色は必見。

青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜54−274

龍飛崎温泉 ホテル竜飛の口コミ・評判・ブログ

※google口コミより引用

龍飛崎のすぐ近く。綺麗な建物。バリアフリー🎵お風呂もバッチリ疲れが何処へやら。ご飯も豪華‼️予想以上のホテルでした。景色も良くて、良いホテルでした。お土産も売ってて。満足でした。

ホテルスタッフ様の対応もすばらしい、料理も豪華も選べる、しかしながら素朴、当日入荷のサザエなどはもう絶品級!驚きばかり。プチお散歩にもすばらしい拠点。下北半島はもちろん北海道まで見渡せては風光明媚、圧倒されるスケール感は特筆です。ホテル様の送迎バスも青森・津軽二股(奥津軽いまべつ)駅から無料で利用。すばらしい接遇、町営バスや乗り合いタクシー、はたまた津軽鉄道ストーブ列車等々、出会う皆さんがこのコロナ禍にあってもほっこり人情。津軽の皆さんのファンになりました!そうして来月も帰宅しては即予約しました!よいお宿、すばらしい観光拠点です。お部屋からの海鳴り・海峡夜景や湯っこからの海風などもオススメです。

外観はレトロな感じですが館内はかなりきれいです。客室のフローリングがピカピカしていました
大浴場は海を一望できます。また、客室にも風呂があるので知らない人と入浴するのに抵抗がある人でも大丈夫です
難点としてはかなり辺鄙な場所なのでアクセスが大変なのと周辺に土産店以外のお店が全くないところでしょうか
常備薬は持っていったほうが良いかもしれません

https://www.google.com/travel/hotels/entity/CgoItpOc24jDu5tbEAE/reviews?g2lb=2502548%2C4258168%2C4270442%2C4306835%2C4317915%2C4371334%2C4401769%2C4419364%2C4429192%2C4482438%2C4486153%2C4509341%2C4515403%2C4533882%2C4536454%2C4550611%2C4554490%2C4555972%2C4270859%2C4284970%2C4291517&hl=ja-JP&gl=jp&ssta=1&rp=ELaTnNuIw7ubWxC2k5zbiMO7m1s4AkAASAHAAQI&ictx=1&sa=X&ved=0CAAQ5JsGahcKEwjolOTY_-vwAhUAAAAAHQAAAAAQAg&utm_campaign=sharing&utm_medium=link&utm_source=htls&ts=CAESABpJCisSJzIlMHg1Zjk5NTYyNTg2NjdmMjg3OjB4NWIzNmVlMTg4YjY3MDliNhoAEhoSFAoHCOUPEAYYAhIHCOUPEAYYAxgBMgIQACoJCgU6A0pQWRoA

2020-12-27現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。

龍飛崎温泉 ホテル竜飛周辺の観光・おすすめ宿

黄金崎不老ふ死温泉(混浴あり)

龍飛崎

民泊宿屋PittINN

ローラー滑り台(道の駅・十三湖高原)

黄金崎不老ふ死温泉

田舎村 田んぼアート

階段国道

太宰治記念館「斜陽館」

パークイン五所川原

出来島海岸の埋没林

高山稲荷神社の赤いトンネル

立佞武多の館

心なごむ津軽の湯 山田温泉

驫木駅(西津軽郡)

森田温泉

一戸菓子店

川倉賽の河原地蔵尊

道の駅みんまや「龍飛岬」

稲垣温泉ホテル花月亭

そば処案山子(旧増田家住宅母屋)

鶴の舞橋

木造駅(土偶型の駅)

芦野公園