常照皇寺 | 三尾・京北の穴場観光| 旅らぶ♡女子旅おすすめスポット

旅らぶ47都道府県制覇の女子旅部による観光スポット紹介

常照皇寺

常照皇寺は臨済宗天龍寺派の禅寺。北朝初代の光厳天皇が開き、南北朝の動乱という歴史の渦に巻き込まれ、ここに隠棲した。また天皇は周辺の自然を庭に見立て、寺の裏山を猿帰嶂、滝を白玉泉、山全体を万樹林と名付け、周囲の十勝を選ばれたという言い伝えがあり、今もこの景観はほとんど楽しむことができる。
国重文指定の弥陀、観音、勢至の三佛など、佛堂には二十余体の像佛が安置されている。
庭には、国の天然記念物「九重桜」、御所より枝分けした「左近の桜」など名木があり、4月中旬ごろが見頃。また、堂の奥庭の「紅葉」は別格の趣がある。

2021-11-22現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。

常照皇寺周辺の観光・おすすめ宿

枕川楼

神護寺

黒田百年桜

ペンション愛宕道

五右衛門

西明寺

nol kyoto sanjo

清滝川

料理旅館すし米

芹生庵

嵐山高雄パークウエイ

徳平庵

鳥獣戯画で有名!高山寺