2024年6月中旬~3ヶ月間日本一周の旅に出ます!

常照寺

常照寺は、1616年に日乾上人によって開創され、鷹峰檀林と呼ばれました。

「吉野門」として知られる山門は、天下の名妓である吉野太夫が日乾上人に帰依し、篤い信仰心をもって、23歳の若さで巨財を投じて寄進したものです。

彼女は美しい容姿に加え、茶湯、華道、香道、書、俳句、和歌、三味線、囲碁など多彩な芸術に秀で、情に厚く、品性を備えていたという逸話まで残っています。

26歳の時に豪商の灰屋紹益に身を許し、結婚します。その後、38歳という若さでこの世を去った彼女は、遺言に従い、常照寺本堂裏の墓地に葬られました。

毎年4月の第2日曜日には、吉野太夫花供養が行われます。

京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町1

吉野太夫って誰?

松田徳子、通称吉野太夫は京都で生まれ、7歳の時に遊里に預けられました。14歳で二代目吉野太夫の名跡を継ぎ、その美しさゆえに天下の名妓として称えられるようになりました。

全盛期の彼女は井原西鶴の「好色一代男」に前代未聞の美女として記され、その容姿の美しさは遠く中国にまで伝わりました。

吉野太夫の死の悲しみを詠んだ句「都をば 花なき里になしにけり 吉野を死出の山に移して」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
じゃらんクーポンフェス

この記事を書いた人

写真で直感的に探せる日本各地の観光スポット紹介サイトです。47都道府県を旅した女子旅部員が旅行ブログ形式でおすすめ観光やグルメ、宿泊施設(ホテル・旅館)を紹介しています。
ツイッターとインスタグラムは毎日更新(予定)していますので、フォローしていただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次