豊後大野の廃発電所「沈堕発電所跡」はまるでラピュタのよう!沈堕の滝で心霊現象?|モーレツ女子旅部

沈堕発電所跡の観光情報・写真

大分 > 佐伯・臼杵・豊後大野 > 沈堕発電所跡

沈堕発電所跡

沈堕の滝は、室町時代の水墨画の大家、雪舟が「鎮田爆図」を書いたことでも有名な滝ですが、現在の滝は沈堕発電所の開設に伴い、大野川流の雄滝の上部にコンクリートの堰堤が築かれたため、大自然が創った雄大な滝の景観は半減してしまったそうです。沈堕発電所は、沈堕の滝の落差を利用した水力発電所で、現在は石造りの発電所跡が廃墟のように残されており、その水路跡が沈堕の滝ふれあい公園の遊歩道として整備されています。

大分県豊後大野市大野町矢田

2022-05-30現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。

沈堕発電所跡周辺の観光・おすすめ宿