花巻温泉郷 鉛温泉 藤三旅館 | 花巻の穴場観光| 旅らぶ◎モーレツ女子旅部◎女子旅おすすめ観光

花巻温泉郷 鉛温泉 藤三旅館の観光情報・写真

岩手 > 花巻 > 花巻温泉郷 鉛温泉 藤三旅館

花巻温泉郷 鉛温泉 藤三旅館

花巻のおすすめ温泉宿

花巻温泉郷 鉛温泉 藤三旅館

【新日本百名湯】日本一深い自噴天然岩風呂が名物★全4浴場すべて100%完全源泉のみ使用掛け流し

★宮沢賢治の童話のモデルになった老舗宿。名湯として名高い秘湯鉛温泉の4つの湯巡りを。。[新日本百名湯] 日本一深い自噴岩風呂

宮沢賢治の童話の中で「腹の痛いのにも利けば傷もなおる。鉛の湯」と歌われた、当館の「白猿の湯」は吹き抜け木造三階建てで造られ、一枚岩をくり抜いた深さ1.3m程の湯底から源泉が湧き出ており、加水・加温・循環など一切していない全国的にも数少ない100%源泉のみ使用・掛け流しの純天然温泉です。その他の露天風呂「桂の湯」、半露天風呂「白糸の湯」、時間帯貸切風呂「銀の湯」も全て源泉100%掛け流し。「癒し」を味わってください。

花巻温泉郷 鉛温泉 藤三旅館の口コミ・評判・ブログ

2021年3月平日に宿泊。私は個人的に温泉のお湯と言うよりも自炊部の宿泊体験がユニークで楽しかった。昭和と言うよりも大正感満載で、旅館部から歩いてくると気温が低くなったり(暖房がついてない)トイレも部屋から遠いし昔の小学校のよう、また侍のような食器にワクワクしました。現代ではなかなか残っていない歴史ある建物に滞在した貴重な経験だった。

岩手県の名湯。新花巻駅から送迎バスもあるので、新幹線でのアプローチもよい。
ここで宿泊するなら、がぜん旅館部がおすすめ。自炊部もあり、お風呂は共通だが玄関からなにからぜんぜん待遇が違う。特に冬は、自炊部には暖房がないといってよいので監獄の寒さ。たいして値段もかわらないので、旅館部にしましょう。

泉質が藤三旅館から近い大沢温泉と違い、ヌルッとした感じがしないのは意外だった。川のせせらぎ、鳥の囀りは最高のBGM。
日帰り入浴を利用したが、泊まるにもきっと良いだろう。
1泊ではなく連泊を勧めたい。

2021-06-18現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。

花巻温泉郷 鉛温泉 藤三旅館周辺の観光・おすすめ宿

道の駅「石鳥谷」南部杜氏の里

花巻温泉ホテル紅葉館

宮沢賢治イーハトーブ館

花巻温泉 佳松園

たろし滝

旧小原家住宅(南部曲屋)

花巻温泉

鶯宿温泉 ホテル森の風