2024年6月中旬~3ヶ月間日本一周の旅に出ます!

のと里山海道

目次

無料で走れるのと里山海道を行く!入口から出口までドライブ

旅した日:2021年7月

車で能登半島一周旅で金沢から珠洲までドライブする際にお世話になったのと里山海道。のと里山海道は、金沢と能登半島とを直結する自動車専用道路で、歩行者や自転車は通行できません。金沢市粟崎から羽咋市までの約30kmは、能登半島の美しい海岸線沿いを走る絶景ドライブを楽しむことができるめっちゃ走っていて気持ちの良い道。

スタートは金沢駅から

能登半島一周の始まりは金沢駅から。せっかくだから金沢駅のドドーンと有名になったなんちゃらゲート見てみたい!ということで立ち寄ってみました。

金沢駅はものすごく賑わっていて駅ビルもすごい!都会の駅ビルのような店舗の充実度と人混みに面食らっちゃった(笑

ひがし茶屋街にあるコロッケ専門店『ヴィレ・デ・クロケット』が金沢駅にも進出していたので金箔のせのクロケット頂いてみました。注文してから揚げるので6分ほど待ちます。熱々のクロケットが食べられます♡

インスタ映えしそうなグルメだけど行列はできておらず結構穴場な感じでしたよ。

お土産物店もたくさんあって、ひがし茶屋とか街中に行かなくて老舗の和菓子なんかも買えちゃうのでめっちゃ便利。

石川県の観光PRマスコットキャラクター『ひゃくまんさん』。ちょびヒゲを生やしたダルマ人形風。ひゃくまんさんは、石川県の郷土玩具で縁起物の「加賀八幡起上り」をモチーフに、石川の多彩な文化をギュッと凝縮×百万石の豪華絢爛さを表現したもの。ひゃくまんさんグッズも金沢駅でたくさん売られていました。なかなかにかわいいやん。

海沿いの爽快ドライブ

のと里山海道は金沢市粟崎から羽咋市までの約30kmは海沿い。

窓の外は海!天気が良いと海がキラキラとしていてとっても気持ちの良い道です。(逆に荒天だと海が荒れ狂って風も強くて通行が大変そうですが・・・)

途中で『道の駅 高松』でひとやすみ。この道の駅はドッグランあり、足湯あり、レストランあり、サンセットデッキや遊歩道もある超充実の道の駅。

アクセルとブレーキを踏み続けて披露した足を足湯で癒す・・。そして目を上げるとキラキラの青い海。最高すぎませんか??

テラスの向こうは芝生になっていてお弁当を食べたりキャッチボールしたり公園っぽい過ごし方をしているファミリーの姿も。

直接海岸まで降りていくことができるので、この道の駅に車を停めて海水浴を楽しんでいる人もちらほら。道の駅には売店もあるしレストランもあるので海の家っぽい使い方ができて便利そう!

売店で販売されていた超高級ぶどう『ルビーロマン』1房18000円也。初競り最高額はなんと140万円!だとか!すごい・・・ほんまもんのフルーツの宝石。

ちなみに!この道の駅の名物は『あぶり豚のと塩麺』海を眺められるテラスで里海のスペシャリテ♡

絶景展望台があるサービスエリア

のと里山海道、海沿いを離れ内陸へ。石川県の七尾市にある『別所岳サービスエリア』に立ち寄り。このサービスエリアには奥能登 山海市場、絶景展望台 能登ゆめてらすがあります。

奥能登 山海市場では奥能登のお土産を買うことができます。見たことない珍しいご当地のお菓子や調味料もたくさん売っていて、調味料好きとしては見逃せない・・ソフトクリームやカレー・そばなど軽食を取ることもできます。

別所岳スカイデッキ『能登ゆめてらす』にも行ってみることに。駐車場から10分ほど歩きます。階段とエレベーターがありましたが、天気もいいし探検したいので階段でぶらぶらとスカイデッキへ。

スカイデッキは無料で利用が可能、利用機関と時間は季節により微妙に異なりますが朝から夕方までって感じです(笑

利用期間
3/15-5/15    7:00~17:00
5/16-9/15    6:00~19:00
9/16-12/15  7:00-17:00
※上記以外の時間は閉鎖。気象により変更あり

遠くから見るとトムソーヤの秘密基地みたいな雰囲気のスカイデッキ。周辺の自然に溶け込んでいるデザイン&カラーリングでとっても素敵です♡素朴なおしゃれさも感じるます。

なんと!デッキの下にはヤギたちが!手作りっぽい遊具や小屋もあって広いおうちでわちゃわちゃと。もしかしたら除草作業員たちなのかもしれないなと思って調べてみたら、このヤギたち、2015年春から穴水町の畜産農場「たんぽぽファーム」の協力を得て、この道の駅にやってきたんだそう。

このヤギたち、冬場はたんぽぽファームに預けられるそうで不在にしているときもあるのでご注意です。(もしヤギを目当てに行くんだったら)

ということで突然のデッキ(笑)このデッキからは七尾湾に浮かぶ能登島が一望でき、晴れた日には立山連峰まで見えるんですって!この日は夏特有のもやった感じの空のせいで立山連峰までは見られませんでしたが、青い空×青い海、スカッと抜けた風景が望めました。遮るものがないので風もきもちええ。。

スカイデッキは鉄骨で組まれた土台の上に展望デッキを載せた構造。地上から展望台までスロープと階段が続いていて「空中回廊」と呼ばれています。デッキだけじゃなくてこの通路さえもすごく眺めが良いしきもちいいよ!

地上から高さ13mのデッキを通路から撮影するとこんな感じ。このポジションから撮る写真が個人的には一番いいなとおもうんですがいかがでしょうか?笑

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
じゃらんクーポンフェス

この記事を書いた人

写真で直感的に探せる日本各地の観光スポット紹介サイトです。47都道府県を旅した女子旅部員が旅行ブログ形式でおすすめ観光やグルメ、宿泊施設(ホテル・旅館)を紹介しています。
ツイッターとインスタグラムは毎日更新(予定)していますので、フォローしていただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次