2024年6月中旬~3ヶ月間日本一周の旅に出ます!

那覇マラソン応援旅 #1

HISの沖縄旅行検索

目次

沖縄・那覇マラソンの応援に行ってみた。沖縄①

旅した日:2016年12月

沖縄マラソンに出場する友人の応援で沖縄・那覇に行ってまいりました。

今回はご近所さんたちと4人ほどで行った旅行なので一人旅じゃないんですが、なかなかディープなスポットに行ったりもしたり、一人旅ではなかなか行く機会のない王道スポット(私の場合は)も行ったので記事にしてみました。

今回は沖縄ツーリストという旅行会社で航空券(伊丹空港-那覇空港 ANA!)とホテル+レンタカーというセットのツアーで申し込みをしたんですが、この旅行会社めっちゃ安いです。

いつもは航空券、ホテル、レンタカーとばらばらに予約してたんですが、沖縄ツーリストのセットツアーの方がかなり安い。

これから沖縄行くときはこの旅行会社で手配するぞ!と心に決めるくらい安い!ので、沖縄旅行を検討されている方、まじでお勧めです。(サクラとかステマじゃありません 笑)

沖縄には2回程一人旅で行きましたが、初の美ら海水族館。

なんか一人旅だとこういう観光のゴールデンルートみたいなのちょっと避けちゃうんですよね・・・なぜか。たぶん天邪鬼な性格なんだと思う、わたし。

初の美ら海水族館、予想外にたのしかった~。

王道スポット、けっ!とか思っていたフシがあるけど、人気があるのも納得です。

海の生物に触れるコーナーがあって、ヒトデやらナマコを素手で触れたりして、なかなかレアな体験ができます。

チンアナゴがキュートすぎて、あやうくお土産コーナーでチンアナゴのぬいぐるみを買いそうになったり・・

美ら海といえば!のジンベイザメ。

ジンベイザメは大阪の海遊館にもいて何度も見たことがあったけど、なんか沖縄の地でみるジンベイザメ、いいですわー。

ゆーったり泳いでる姿見てたら、仕事でセコセコしてるのとかどうでもいいような気分になってきたり・・・

ウミガメも悠々と泳いでいます。

こちらはウミガメ館の屋外水槽。

沖縄近海に暮らすウミガメを水上と水中から観察できる施設です。

大水槽にはウミガメを繁殖させるための産卵用の砂場が設けられていて、毎年カメが産卵に上陸するそうです。

王道観光スポットに満足しつつ、とりあえず今夜の宿にチェックイン。

ムーンオーシャン宜野湾 ホテル&レジデンスという、キッチン付きのホテルです。

調理器具の貸し出しやフィットネスジムもあるので長期滞在には良さそう。

外観はマンションっぽいんだけど、ロビーやレストランはとても綺麗で、ゴージャスな雰囲気です。

12月だったのでクリスマスツリーがあったり、お庭もライトアップされていたり雰囲気良いです。

今回は4人で宿泊したので、2ベッドルーム+リビング+バス×2+トイレ×2というかなり広いお部屋でした。

リビングダイニングもめっちゃ広くて、4人で泊まってもまったく狭さを感じませんでした。

食器なんかが足りないときは、フロントに言えばお部屋まで持ってきてくれるので、すごく便利。

あえて難があるとすれば、那覇からちょっと遠いところかな~。

今回はNAHAマラソンの応援がメインの目的だったので、移動なんかが結構面倒くさかった。

夜ご飯はホテルの目の前にある、居酒屋さんへ。

沖縄料理の居酒屋さんに行きました。ジョニーさんが入り口でほほ笑むなかなかシブメの居酒屋さんです。

沖縄といえば!海ぶどう。沖縄以外で食べる海ぶどうって本当に美味しくないなーって思うけど、沖縄で食べるとお代わりできちゃうくらい美味しいので、絶対必須。

もずくの天婦羅も絶対にオーダーしちゃいます。塩で食べるのがうまい。

沖縄のもずくは、本州のもずくと違って肉厚でぷりぷりなので、天婦羅にするとさらにぎゅーっとうまみが増すような気がします。

だいぶお腹が満たされてきたので、ORIONビールから泡盛へシフトチェンジ。

どの泡盛が美味しいのかわからなかったので、とりえず飲み比べセットで試飲をば。どれもくわぁーっときます(笑)絶対悪酔いするやつや

翌日は泡盛による二日酔いにも負けず、朝から活動しました。

近所のスーパーマーケットに行って、お土産を物色。

青パパイヤが1個100円!!信じられん。

沖縄ではメジャーなのかな?シークワーサーの原液っぽいドリンク売ってました。

4倍に薄めて飲むみたい。

これ、二日酔いに効きそうやな。

今回はレンタカーもセットになっていたので、ドライブしたいよね~って話になって、うるまの浜比嘉島へ行ってみることに。

浜比嘉島へ渡る海中道路の途中にあった「海の駅 あやはし館」に立ち寄りました。

海の駅に止まっていた自転車。どうやらチャリで日本一周しているくさい。同行二人の笠がいい味出しています。

この自転車の持ち主に是非会ってお話を聞きたい!とウロウロと探し回ったけど、見つけられなかった・・・・残念

海の駅あやはし館では新鮮なお魚も販売していました。

神戸のスーパーマーケットでは見たこともないようなド派手なお魚に興味津々。

昨日の夜も食べたけど、おかあさん手づくりの揚げたてもずくの天婦羅を買って・・・

海を眺めながら、ひと飲み。

運転手さんはノンアルコールで対応。オリオンビールのノンアル。

浜比嘉島に上陸。

この島は沖縄の神々が住む島とされており、久高島と並ぶ神聖な島とされています。

俗に言ってしまうとパワースポットな島。でも俗に言ってしまうのが申し訳ない気持ちになります。NO more ちゃらい。

小さな島ですが、30を超える拝所があるそうで、神聖な島と呼ばれるのも納得。

浜比嘉大橋を渡って左側の海沿いに車を走らせるとアマミチューが見えてきます。

琉球開びゃくの祖神・アマミキヨ(アマミチュー)とシネリキヨ(シルミチュー)のお墓といわれている場所です。

次に向かったのは、シネリキヨとアマミキヨの居住跡「シルミチュー」駐車場に車をとめて只管に階段を昇っていきます。

階段の上には鍾乳洞がありました。

ここで2人の神様が住み子供をもうけたという伝承が伝わっています。

シルミチューは亜熱帯(?)の植物がうっそうと生い茂り、その生命力みたいなもので、むんっとした空気の濃さのようなものを感じました。

超キラキラな虫も沢山住んでいます。

浜比嘉島の後は、沖縄本島を横切る形で北谷方面へ。ちょうどお昼時になったので、美浜のアメリカンビレッジでランチ。

タコライスがどうしても食べたいという私の意見と、いや肉だよ!肉だよ!というちょっとしたもめ事が勃発しましたが、折衷案でタコライスがあるステーキハウスに決定。

また、これ。みんな酒豪なので、もはや水代わりのオリオン。

みんなはボリューミーなステーキ。

わたしは念願のタコライスにありつけて満足!

沖縄・那覇マラソンの応援に行ってみた。沖縄②に続く。

今回お世話になったお宿

2010年4月オープン!南国の海風と太陽の色。暮らすように愉しむリゾート。
沖縄県宜野湾市宇地泊558-8
那覇空港から車で30分

HISの沖縄旅行検索

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
じゃらんクーポンフェス

この記事を書いた人

写真で直感的に探せる日本各地の観光スポット紹介サイトです。47都道府県を旅した女子旅部員が旅行ブログ形式でおすすめ観光やグルメ、宿泊施設(ホテル・旅館)を紹介しています。
ツイッターとインスタグラムは毎日更新(予定)していますので、フォローしていただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次