湯の峰温泉つぼ湯 | 東牟婁(串本・那智勝浦・新宮・熊野)の穴場観光| 旅らぶ◎モーレツ女子旅部◎女子旅おすすめ観光

湯の峰温泉つぼ湯の観光情報・写真

湯の峰温泉つぼ湯

熊野詣の湯垢離場として世界遺産に登録された公衆浴場、湯の峰温泉 つぼ湯に行ってきました。
和歌山県田辺市にある湯の峰温泉は開湯約1800年、日本最古といわれる温泉です。

川辺に小さな小屋があり、湯船(川岸)の底から自然湧出する温泉に直接入浴します。
1グループ最大30分の交代制。土日は結構待ち時間を覚悟しないとだめかも・・わたしたちは90分待ちました。

湯の峰温泉公衆浴場前にある受付で料金を支払って番号札を貰います。
つぼ湯利用料は大人400円、こども200円(2021.3現在)
ちゃんとお風呂の近くで待っていないと順番を飛ばされちゃうので要注意!だそうです。

長い待ち時間を耐えていよいよつぼ湯へ!
中はめっちゃ狭いです。脱衣スペースはすのこの上。
板の外はすぐ温泉街なので、なんだか露出狂になった気分で恥ずかしような(笑

湯船もかなり狭い!
2人で入ったら結構ぎゅうぎゅうな感じ。
3人いけるかもだけど、かなりイモ洗い状態になりそう。
お湯の色はいい感じの白濁。泉質は、美肌成分で知られる重曹と、保温効果に優れる食塩が少量含まれる硫黄泉。

温泉は結構あつくて、ちょっとだけ水でぬるめて入りました。足元から温泉湧いてくるので、たまに熱っ!ってなりました(笑
このつぼ湯は、日によっては7回湯の色が変化するといわれています。

肌あたりはものすごく柔らかくてやさしぃんですが
すぐに体があったまって長湯できない感じでした。
あんまり水を入れすぎるのも後から入浴する方に申し訳ないので、熱さに耐えて入浴。じゅわぁ~っと。

つぼ湯を利用した人は、公衆浴場の薬湯か一般湯も利用できるそうなのですが、わたしたちが訪問したときは建て替え工事中で入れず残念。
2022年春頃まで利用できないそうです。

湯の峰温泉つぼ湯

和歌山県田辺市本宮町湯峯

2022-06-21現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。

湯の峰温泉つぼ湯周辺の観光・おすすめ宿

桑ノ木の滝

ホテル浦島 忘帰洞

南紀月野瀬温泉 ぼたん荘

古座川明神の潜水橋

橋杭岩

くじらのモニュメント

熊野別邸 中の島

くじら浜公園