2024年6月中旬~3ヶ月間日本一周の旅に出ます!

みちのく祭りや

旅した日:2023年2月

青森屋さんに宿泊してきました!

青森屋さんは館内が常にお祭りムードで楽しい温泉宿なんですが、みちのく祭りやのショーがとても良かったです。

青森や宿泊記ブログはこちらより♡

みちのく祭りやでは、祭りの熱気を感じるショーを毎晩開催しています。

青森屋さんでも人気のアクティビティで予約が取れないこともあるらしい!

それくらい人気のショーなので事前予約が必須かも。

ストーリテラーが映像とともに青森の情景や、青森びとが祭りにかける思いを語り、祭りの世界に誘います。

客席を囲むように作られたパフォーマンスエリアでは、予測不可能なパフォーマンスが繰り広げられ、会場は本物さながらの祭りの熱気に包まれます。

演者さんはなんと青森屋さんで働くスタッフさんだそうです。

お部屋に案内してくださったスタッフの方もショーに出演して太鼓をたたいているんだそう。

すごい!働いてショーに出て・・・めちゃくちゃポテンシャル高くないですか?

ショーの会場への通路もとっても素敵で細かい装飾の壁や、かわいいねぶたやいろいろ視覚的な情報が多すぎて、ハイテンションになってしまいます(笑

ショーを見に行くんだーっていうワクワク感を増してくれる演出が憎いね。

このショーでは青森4大祭りを鑑賞することが出来るという1粒で4祭美味しいショーです。こんなお得感ったらない、なんか青森県に申し訳ない・・・

どの祭りも1回も見たことがなくて、資料館みたいなところで動いていないねぶただけ見たことがあるくらいだったので、うれしい。

正直、八戸三社大祭は存じ上げなくて、興味津々でショーを鑑賞。

今回、縁あってプレス席の一番前で鑑賞させていただきました。(本来は写真NGですが、撮影許可いただいております)

最初はかわいらしい影絵を使った語り部さんが登場。徐々に演者さんたちの動きが激しくなって華やかなねぶたたちが登場したり、美しいプロジェクションマッピングでステージが異空間化したりと飽きる暇のない1時間。

祭りの躍動感や熱気を演者さんからばんばん感じられるよいステージでした。

本物のお祭りを見たくなってしまって今年、八戸→青森→弘前のお祭りを見に行くことにしました!(1週間の夏休み♡)

っていうくらい、良かったです(本物を見たくなっちゃうくらい良かった。)

このショーを見にまた青森屋さんに泊まりたいなぁと。

弘前と青森のねぶたは舞台上で、五所川原の立佞武多はさすがに大きすぎるのでプロジェクションマッピングでの登場でした。

映像が美しくて臨場感があるので、プロジェクションマッピングでも全然遜色なかったです。

個人的に八戸三社大祭の山車?が一番ツボりました。 いろんな神様乗っちゃってるじゃないって感じで興味深く。

浅草の花屋敷を思い出しました・・・なぜだろう・・・漂う下町チンドン感。すみません・・。

これは是非とも生で見てみたい。

客席ですがステージを囲むように反映を描いて配置されているので、どの席からでも見やすいと思います。

でもやっぱり真ん中の真ん中が特等席かも。

最前列の席も演者さんが目の前で踊っているのを見ることが出来るんですが、ちょっと照れくさいというか恥ずかしい気持ちになりました。

シャイな方は最前列はおすすめしません(笑

会場にやってくるときには見えずに気が付かなった映え映え階段が素敵です。

インスタ映えスポットのようで、女の子たちが沢山写真撮っていました~。青森屋さんはどこで写真撮っても映え映えなので女子旅にいいかも!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
じゃらんクーポンフェス

この記事を書いた人

写真で直感的に探せる日本各地の観光スポット紹介サイトです。47都道府県を旅した女子旅部員が旅行ブログ形式でおすすめ観光やグルメ、宿泊施設(ホテル・旅館)を紹介しています。
ツイッターとインスタグラムは毎日更新(予定)していますので、フォローしていただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次