マイページ登録でお気に入りリストを保存できます!

御宿 敷島館の観光情報・写真

香川 > 琴平・観音寺 > 御宿 敷島館

御宿 敷島館

FavoriteLoadingお気に入りに追加する!
Tags:

2019年9月14日オープン。金刀比羅宮のお膝元表参道沿いに、古き良き時代の風情と新たな令和の趣きが融合した湯宿が蘇ります。こんぴらさんへのお参りにも便利な立地。

香川県仲多度郡琴平町川西713-1

御宿 敷島館 宿泊記口コミブログ

母の還暦祝いとして、久しぶりの親子旅行でした。
コロナ禍ともあり遠方への旅行は控え、隣県のことひら温泉郷をチョイス。数ある温泉宿の中から何処に宿泊するか熟考し、かの有名なドーミーイン系列の宿なら安心と思いました。

駐車場に着くなり旅館の法被の着たスタッフさんが「お疲れ様でした。」と丁寧な挨拶。運転の疲れも吹き飛びそうになります。
新しい旅館らしく、ロビーも綺麗でした。まず、下駄箱が可愛らしかったです。100個以上ある中から、今は亡き父の名前の番号「58」を選びました。父は五十八と書いてイソハチと読みます。享年58です。この話題で、出入り口担当の女性スタッフと談笑。

チェックインはカウンターに出向くスタイルではなく、ソファーに座っているとスタッフさんが来てくれるスタイルでした。座ったまま書けるのは有難かったです。
そして、お部屋のガギの可愛らしいこと。

カードキーではないところが、温泉旅館らしく風情を感じます。
お部屋に向かう前に、色浴衣を選びます。
母とふたりで「どの柄にしようか?」と楽しく選びました。母は淡いグリーンのアサガオ柄、私は赤いツバキ模様に決めました。
お部屋に入ると、名物の灸まんと瓦せんべいがテーブルで待ちかまえていました。母はあまり好きでは無いと言うので、ふたり分私が美味しくいただきました。
小腹を満たしたところで、いざ温泉へ。

大浴場は、内湯に露天風呂に寝湯とあり広々としています。
さらっとしたお湯が気持ちいい。
ゆっくりと癒されます。
お風呂上がりには、中庭を眺めながらサービスのアイスキャンディーで熱を飛ばします。お風呂上がりのアイスは最高です。

そうこうしているうちに、夕食の時間です。
食事処にて、懐石料理をいただきます。
メインは鯛か牛を選べるのですが、悩まずに牛肉と即答するあたりやはり親子です。金陵のお酒をちびちびと呑みながら、ゆっくりと刺身や揚げ物を。わたしは、しっかりと二杯目のお酒を堪能しました。運ばれてくる料理全てが美味しくて、どれもこれもペロッと完食です。しかし、釜めしが炊き上がる頃にはお腹いっぱい。鰻の釜めしも美味しくて、残すには惜しく「お腹いっぱい」と言いながらも完食。もちろん、デザートの甘味も完食。

ぱんぱんのお腹でお部屋に帰り、ベットに横になる。寝ますよね。もちろん、寝ていました。
夜中には「夜鳴き蕎麦」のサービスがありましたが「食べられん」と、ふたりとも寝てました。しかし、目覚めるとえら不思議。「行くか」と「蕎麦くらい入るだろ」。
もちろん、美味しくいただきました。

寝る前には、貸し切りの温泉へ。
人の目を気にすることなく、ゆっくりと温まりました。
そして、翌朝。
何故か、朝ごはんはしっかりと食べられるのです。
朝からうどん。松花堂弁当。おいしいです。
食後にもう一度、温泉を堪能し名残惜しいですがチェックアウトの時間となってしまいました。「また行こうね」と約束し帰路につきました。

御宿 敷島館 宿泊記口コミブログ

まず、立地条件が最高です。金刀比羅宮へ続く表参道の途中に建てられていますので、朝食前にちょっとお参りにいくのもいいのではないでしょうか。私自身、朝早く起きて、お参りに出かけてみましたが、早朝は人も少なくて気持ちがいいですし、なにより達成感が味わえて、朝食もさらに美味しくいただけました。

二つ目にいいと感じたのは、お部屋です。私はちょっと贅沢をして友人と二人で、寝室が2つある露天風呂付きのお部屋に泊まりました。プライバシーも確保できて、友人や自分自身のいびきや寝言を気にせずに熟睡できましたし、各部屋にテレビが設置されていたので、ゆったり、のんびりを満喫しながら、滞在することができました。もちろん、お部屋の露天風呂にも何度も入りましたが、とても風情がある上、他の人を気にせずゆっくりと長風呂できて、本当に貴重な時間を過ごすことができました。

三つ目に良かったのは、大浴場と貸切風呂です。大浴場は広々として清潔で、思い切り羽を伸ばすことができましたし、それぞれ趣の違う4つの露天風呂は、無料で何度でも楽しむことができます。とくに4つの貸切風呂は、「竹」「檜」「岩」「陶」をモチーフとしており、各々のイメージにあった内装が施されており、4つすべてに入らせていただきましたが、趣がある上、自分たちだけでのんびりと楽しむことができて、とても満足することができました。私が特に気に入ったのは「竹」の湯ですね。ちょっと不思議な世界に迷い込んだような特別な気分にさせてもらいました。もう一度宿泊する機会があったら、また入浴したいですね。

五つ目に感動したのは、やはりお食事でしょう。盛り付けも美しく、量もちょうどよかったです。プライバシーのきちんと確保された空間でしたし、お店の方の対応もとても丁寧で気持ちが良かったです。人気のお宿なので、かなり忙しそうでしたが、てきぱきと笑顔で対応されており、雰囲気の面でもいいなあと感じました。

そして、六つ目に良かったと思ったのは、それ以外のサービスです。例えば、夜は食事処において、希望者に夜泣きそばがふるまわれますし、お迎え処、いわゆる「ロビー」にあたる場所では、飲み物やちょっとしたお菓子などが出されています。食事前後のちょっと小腹がすいた瞬間などにとても重宝しました。また、このお迎え処はすべて畳敷きなので、快適でとても解放感があります。また、お風呂からあがったあとには、湯上り処で、無料でアイスキャンディーやヤクルトなどを楽しむことができるのも、とてもありがたかったですね。さらに宿で行われているクイズに参加すると、ちょっとしたプレゼントをもらえます。子供向けのクイズもありますし、宿をめぐりながら各部署に書かれているクイズに答える形式なので、いろんな楽しみ方ができます。また、お店の前には表参道に面した足湯があり、お参りの疲れをいやすことも出来ます。

こんな風にとてもいいお宿でした。ぜひ、もう一度宿泊したいですね。

御宿 敷島館関連キーワード(by googleサジェスト検索)

敷島館 本館 違い
敷島館 料金
敷島館 一休
敷島館 歴史
ことひら温泉 御宿 敷島館 アメニティ
敷島館 じゃらん
敷島館 公式
御宿 敷島館 心霊 幽霊
FavoriteLoadingお気に入りに追加する!
Tags:
2023年1月16日現在の情報です(初期登録:2023-01-16)
料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください

御宿 敷島館周辺の観光・おすすめ宿

こんぴら温泉 桜の抄

管理人の旅ブログ