2024年6月中旬~3ヶ月間日本一周の旅に出ます!

小樽旅#2

目次

小樽運河ぶらり&小樽観光ぶらり(2)

旅した日:2013年11月

新日本海フェリーで舞鶴から小樽へ(1)の続きです。

おげんきですかーおげんきですかーわたしはげんきですー

岩井俊二監督の映画『ラブレター』のミポリンの台詞。

この映画『ラブレター』の舞台のひとつが小樽、そして私が今住んでいる神戸。

どちらも港町でなんとなく雰囲気が似てるんですよね。

でも小樽はなんとなく懐かしさの面影みたいなものがある街で、そこの路地やあそこの坂道、なんだか郷愁を感じずにはいられない街。

今回、お世話になったお宿かもめやさんのすぐそばにある小樽北運河。

この小樽運河は、大正12年に完成した港湾施設で,海岸を埋め立てて造られており、船荷の積降しを行う際、船と倉庫をつないで作業を円滑にするという、大きな役割を果たしてきたそうです。

運河の中でも「北運河」と呼ばれる北部は、運河の幅が昔ながらの40メートル程の長さで作業船などの小型船が今も係留されています。

商船学校の船やイカ釣り(?)の船とかいろんな船がありました。

運河沿いにはこんな感じの石造りの古い建物がたくさん残っていて、今はお洒落なカフェなんかになってます。

製罐工場です。運河と同時期に建設された工場で、この倉庫は大正13年に竣工されたそうです。

重厚な佇まいに歴史の重さを感じます。こういう味のある建物、運河べりに座ってずっと眺めてられそう。

窓越しの小樽。

小樽はガラスの街で体験工房やショップがたくさん。

北海道は11月の中旬でこの紅葉まっさかり。

紅葉が終わるともうすぐに雪の季節になるって宿の女将さんがいってました。

北海道の短すぎる秋。だから余計に美しく見えるのかなぁ

トンボ玉の手作り体験ができる体験工房&お土産屋さん。

外観は洋風なのに店構えが和風なのが面白かった。

お店の中はきらきらなものがいっぱい。

近代産業遺産の旧手宮線跡地。

手宮線(てみやせん)は、北海道小樽市の南小樽駅から同市内の手宮駅を結ぶ日本国有鉄道が運営した鉄道路線で、北海道で最初の鉄道開業区間の一部で、石炭や海産物の積み出しで賑わったが、1985年に廃止となったそうです。

手宮線の跡地は遊歩道になっていて散策することができます。

のんびりとゆっくりと散歩ができるよいところです。

廃線沿いはこんな感じのALWAYS三丁目の夕日みたいな風景。

雑草に侵略されたベンチとか、丸窓とか、いいなぁ。

こんな感じのお家いいなぁ。ワンダー感はんぱないなぁ。

生活感が逆にスタイリッシュな感じすらするのは何故なんだろうか。そして神石ってなんだろう。・・。

そしてここで小樽初きのこ。

廃線脇にそっときのこ。

こんな感じの叢にきのこ。

さよならきのこ。

手宮線の跡地をずーっと歩いて、山の上のほうに上ってきて手宮公園までやってきました。

この公園はかもめやの女将さんのおすすめの場所だそうで、小樽の観光スポットではないけれど、とっても気持ちのよい場所です。

気のいい場所で、ちょうど紅葉まっさかり。

手宮公園の一番上のほうにやってくると、小樽港が一望できます。

そしてこの気のいい手宮公園でもきのこ。

なんかこの場所に似合うな。

わたしのきのこ。

落ち葉にきのこ埋もれさせ

紙粘土でできてるきのこだから、いつか小樽の土になるのでしょうか。

小樽一の(?)お土産ストリート、堺町のほうにやってきました。

ものすごい賑やかな通りでお店をきょろきょろ見ながら歩くだけでも楽しい!外国の方が多いのも印象的でした。

食べ歩き系のグルメもすごく多いので食いしん坊にはもってこいのスポットですよ。

わたしはあまり食いしん坊じゃないのであんまり食べなかったけれども・・

北海道っぽい(?)こんな感じの海鮮なお土産屋さんも。

小樽のガラス屋さんといえばこの北一硝子さんらしいです。

小林多喜二さんとタキさんがデートした小樽水天宮にも行ってみました。

ものすごく急で長い階段をのぼってやっとたどり着きました。正直、かなりしんどい・・

境内からのご褒美ビュー。小樽にはこんな場所がいろいろあるんですね。

そして小樽寿司屋通り。その名の通りお寿司屋さんがずらーっと連なった通りです。

お寿司食べたいなぁと思っていろいろお店をみながらぶらぶらしてみたけれど、お店が多すぎて結局どこにも入れずじまい・・

お寿司を食べ損ねて空っぽのお腹を抱えたまま、日本銀行旧小樽支店金融資料館にやってきました。

金庫を見れたり、一億円の重さを体験できたりとなかなか興味深い資料館のようです。

銀行の受付窓口みたい

カット前のお札!しかも懐かしの二千円札。

金庫!こんなの映画でしかみたことなかったなぁ・・

あまりにもお腹がすきすぎたので、小樽駅前の三角市場でご飯を食べることにします。

ズバリ安い!!とのことです。

三角市場の中の北のどんぶり屋さん。うん、なかなかよさそうです。

カニいくら丼&かに汁を注文してみました!

これ2つで2千円くらいだったかなぁ。ものすごく美味しかったです。

そして小樽ぶらりのしめくくりに、北海道三大夜景のひとつ小樽天狗山に夜景を見に来ました。

冬はスキー場になる山だそうです。

天狗山の上には鼻なで天狗さんがいらっしゃいます。

鼻をなでなでするとなんか良いことがあるそうです。

天狗山の夕暮れ。なんかさみしい空だなぁ・・・。

小樽の街を一望。今日の宿は札幌なので、このあと札幌に移動です。

小樽の街、早足でぶらぶらしてしまったけど、また近いうちにゆっくり来てみたいなぁ。というかしばらく滞在してボーっとしたいなぁ・・・・

おたる北運河かもめや

今回お世話になったお宿。めちゃくちゃ大好き。リピートしてます。
昔ながらの建物や倉庫群、情緒ある市街地やひっそりとした裏路地、にぎやかな運河通り。。。ノスタルジックで情緒あふれる街〝小樽〟。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
じゃらんクーポンフェス

この記事を書いた人

写真で直感的に探せる日本各地の観光スポット紹介サイトです。47都道府県を旅した女子旅部員が旅行ブログ形式でおすすめ観光やグルメ、宿泊施設(ホテル・旅館)を紹介しています。
ツイッターとインスタグラムは毎日更新(予定)していますので、フォローしていただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次