2024年6月中旬~3ヶ月間日本一周の旅に出ます!

青森旅行記1 #八戸#八甲田

目次

青森旅行記①八戸・八食センターからの酸ヶ湯温泉へ。

旅した日:2018年8月中旬

この間の年末~年始にかけて東北の旅をしましたが、青森だけは日程の関係&雪の関係で足を踏み入れることが叶わず・・・・

ということで、この夏は青森やー!ということで少し遅い夏休みを頂いて青森のいろんなところを周ってきました。

今回の青森旅行、ずーっと来たかった酸ヶ湯温泉&下北半島を車でグルーっと周る+アルファみたいな趣旨の旅です。

青森空港でレンタカーを借りて、まずは八戸方面へ。

途中で立ち寄った道の駅、おいしそうなものがいっぱい。

南部せんべいにお赤飯を挟んだ、逆ライスバーガーみたいながおいしそうだった!

弘大出身の友人が、青森のお赤飯は甘いんだよーって言ってたんだけど本当かな?

青森空港から寄り道しながら2時間弱くらい?で八戸に到着。

お目当ての八食センターでランチ。八戸のうまいもんがみんな揃う!

海鮮系どれもおいしそう・・・安いっ!入った瞬間からテンションが上がります。

買った食材はフードコーナーみたいなところでBBQしたりできます。

自分の好きな海鮮をご飯に乗せて自分好みにカスタマイズできる市場のっけ丼なんかもあったりして楽しい!

食欲全開!!八食センター

全開の食欲を満たすべく、海鮮丼を注文。(カスタマイズ済み)

そしてこれを食べてみたかった!!せんべい汁。

だしがすごい美味しい。

あと、せんべいはフヤフヤになっちゃう一歩手前の若干歯ごたえがあるくらいな感じがわたし的には好み◎でした。

食欲が満たされすぎてお腹が苦しくなったので、そろそろ今宵のお宿、酸ヶ湯温泉を目指します。

その道の途中で偶然見つけた、なんだか渋い建物。

かつて青森県上北郡野辺地町の野辺地駅から同郡七戸町の七戸駅を結んでいた南部縦貫鉄道の鉄道路線。その七戸駅の名残だそう。

旧型レールバスの運行が行われていたそうで、鉄道ファンにものすごく人気があるんだそうです(案内人のおばちゃん談)

全国でも珍しいレールバス。

現在も走行可能だそうで、年に1回のイベントでは走行するんだって!

レールバスの内部も見学させていただきました!

乗ったことはないけれど、なんとなく懐かしいような雰囲気。都電荒川線の雰囲気に似てるなーって思った。

始発の七戸駅跡。1997年に休止、2002年に廃止されました。

のどか・・・

昔はこんな看板でいろいろな警報をお知らせしていたんだなぁー。

案内してくださったおばちゃんが色々と説明してくれました。

たまたま通りかかっただけって言ってしまってすみませんでした。

記念に南部縦貫鉄道のジーンズバックを買いました(笑)なかなかカッコイイです。

そして酸ヶ湯温泉に到着!!

八甲田山中の一軒宿で、豊富な湯量と各種効能から温泉目的の宿泊客や湯治客が多いんだそうです。

冬になると積雪量がものすごいよーっ!!ってことでニュースにもしばしば登場する、この酸ヶ湯。

ふぁーびらす!なことに混浴なんです。

名物は「千人風呂」。

総ヒバ造りの体育館のような巨大な建物で、大きな浴槽2つと打たせ湯(湯滝)があります。

昼間は日帰り入浴のお客さんが多く、混雑している印象でしたが、夜になると(しかも夕食時&真夜中)は、ほぼ貸し切り状態でした。

混浴なんですが、男女の脱衣所が別々なのと、女性の脱衣所からお風呂まで目隠しのような衝立があるので女性的に混浴としては難易度が低そう。

お湯が濁っているのでお風呂に浸かってしまえばあんまり見えないし、浴場内は湯煙があるのでめちゃくちゃ丸見えー!っていうことはないです。

湯あみ着も売ってましたが、使っている人はあまりいない印象でした。

今回、旅館棟の予約が出来ずに湯治棟に宿泊。

共用の台所があっって、そこで他のお客さんとコミュニケーションが取れるのでなかなか楽しいです。

地元のおばちゃんにナスをもらったりしました(笑)

長期滞在用のお部屋なので、かなり簡素・・・というか生活があるお部屋。

館内はめちゃくちゃ広くて、迷路みたいな感じ。

お夕食も山菜中心のヘルシーな感じで、ここに長いこといたらお風呂の効能と食事で健康になりそうな気がします。

でもたぶん、わたしは酒飲んでお風呂入って食べて、また飲んでお風呂入って・・っていう生活をしてしまいそうなのであかん気がする。

ということで、道の駅で仕入れたお酒とつまみで宴会じゃー!

右下に写っている焼肉のタレは弘大出身者が是非買いなさいっていうんで買ってみた。

そんなこんなで酸ヶ湯の夜は更けていく・・・

8月だっていうのに北海道では初雪が降ったとかで、この酸ヶ湯もめちゃくちゃ寒くて、『暖房…暖房…いれてくれ・・』って呟きながら眠りました。

青森旅行記②につづく

酸ヶ湯温泉旅館

広さ160畳の大浴場「ひば千人風呂」にぜひ一度お入り下さい。
昔ながらの混浴を守っています。

青森県青森市荒川字南荒川山国有林小字酸湯沢50


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
じゃらんクーポンフェス

この記事を書いた人

写真で直感的に探せる日本各地の観光スポット紹介サイトです。47都道府県を旅した女子旅部員が旅行ブログ形式でおすすめ観光やグルメ、宿泊施設(ホテル・旅館)を紹介しています。
ツイッターとインスタグラムは毎日更新(予定)していますので、フォローしていただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次