瑞巌寺 五大堂 | 松島・塩竃の穴場観光| 旅らぶ♡女子旅おすすめスポット

旅らぶ47都道府県制覇の女子旅部による観光スポット紹介

宮城 > 松島・塩竃 > 瑞巌寺 五大堂

瑞巌寺 五大堂

松島のシンボル・五大堂は、大同2年(807)坂上田村麻呂が東征のとき、毘沙門堂を建立し、天長5年(828)慈覚大師円仁が延福寺(現在の瑞巌寺)を開基の際、「大聖不動明王」を中心に、「東方降三世」、「西方大威徳」、 「南方軍荼利」、「北方金剛夜叉」の五大明王像を安置したことから、五大堂と呼ばれるようになりました。

秘仏とされる五大明王像は、五代藩主吉村が500年ぶりにご開帳した1700年代以降、33年に一度ずづご開帳されるようになりました。

現在の建物は、 伊達政宗が慶長9年(1604)に創建したもので、桃山式建築手法の粋をつくして完工したものです。堂四面の蟇股にはその方位に対して十二支の彫刻を配しています。

伝説では、 慈覚大師円仁が延福寺を開いたときに、五大明王を安置したところ坂上田村麻呂が祀った毘沙門天は、ある夜、光を発して沖合いの小島に飛び去り、 その島は毘沙門島といわれるようになったそうです。

拝観は無料ですが、夕方には閉門しますのでご注意ください。

2021-09-13現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。

瑞巌寺 五大堂周辺の観光・おすすめ宿

ブリーズベイ シーサイドリゾート松島

松島温泉 湯元 松島一の坊

西行戻しの松公園

御釜神社

扇谷【松島四大観】

塩竈市杉村惇美術館

多聞山【松島四大観】

KIBOTCHA

富山【松島四大観】

藤田喬平ガラス美術館

松島温泉元湯 ホテル海風土

福浦橋(縁結びパワースポット)

瑞巌寺

奥松島「乙女ヶ浜」

延喜式内名神大社 志波彦神社

日本三景 松島湾

大江戸温泉物語 松島温泉 ホテル壮観

海商の館 旧亀井邸

陸奥国一之宮 鹽竈神社

馬の背(利府町)

七ヶ浜国際村

菅野美術館

ホテル松島大観荘

松島博物館・観瀾亭

月浜海水浴場

野々島(浦戸諸島)

悪縁を断ち切る渡月橋(雄島)

さとはま縄文の里史跡公園

霊場松島を感じる雄島

天麟院

マリンゲート塩釜

松島温泉 松島センチュリーホテル

花ごころの湯 新富亭

松島佐勘 松庵

円通院

大高森【松島四大観】