無鄰菴 | 哲学の道・岡崎の穴場観光| 旅らぶ♡女子旅おすすめスポット

旅らぶ47都道府県制覇の女子旅部による観光スポット紹介

無鄰菴

無鄰菴は、国指定名勝であり、明治27年(1894)~29(1896)年に造営された明治・大正時代の政治家 山縣有朋の別荘です。
庭園と母屋・洋館・茶室の3つの建物によって構成されており、庭園は施主山縣有朋の指示に基づいて、七代目小川治兵衛により作庭された近代日本庭園の傑作。
それまでの池を海に、岩を島に見立てる象徴主義的な庭園から、里山の風景や小川そのもののような躍動的な流れをもつ自然主義的な新しい庭園観により造営されました。
南禅寺界隈別荘群の中で唯一通年公開されている庭園で、昭和26年(1951年)に国の名勝に指定されています。
洋館の2階には、伊藤博文らと山縣有朋が日露開戦に向けて話し合った「無鄰菴会議」に使われた部屋があり、当日の様子を今に伝えます。

2021-11-19現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。

無鄰菴周辺の観光・おすすめ宿

銀閣寺

南禅寺

京の温所 岡崎

東山 四季花木

哲学の道

平安神宮

あんど

京都市京セラ美術館

アルザ京都

カルタホテル京都別邸

くろ谷 金戒光明寺

Villa法然院西

葵 哲学の道

永観堂(禅林寺)

管理人のBOOKMARK

北海道・東北

北陸

関西

九州

PR

楽天のGOTOキャンペーン じゃらんのGOTOキャンペーン