黒神埋没鳥居 | 桜島の穴場観光| 旅らぶ♡女子旅おすすめスポット

旅らぶ47都道府県制覇の女子旅部による観光スポット紹介

黒神埋没鳥居

ここ黒神地区にあった「腹五社神社」の鳥居は、大正噴火後たった1日のうちに軽石や火山灰に埋め尽くされました。

もともと高さ3mあったという鳥居ですが、今は笠木部分の約1mを地上に見せるのみです。

噴火後、住民は神社の神聖な鳥居を掘り起こそうとしました。

しかし、当時の村長・野添八百蔵氏の「後世に噴火の記憶を残そう」との英断により、噴火直後の姿がそのまま現在に残されています。

かなり埋まってしまっているこの鳥居、腹五社神社の鳥居だったそうで、大正噴火後たった1日のうちに軽石や火山灰に埋め尽くされてこんな状態になってしまったそうです。

もともと高さ3mあったらしいんだけど、今は笠木部分の約1mを地上に見せるのみ。

この下に色々なものが埋まっているんだろうなって想像するとなんだかすごいです。

退避壕なるもの、初めて見ました。土地柄ですね・・・。

火山と共に生きている地域なんだなってことを実感しました。

2020-12-24現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。

黒神埋没鳥居周辺の観光・おすすめ宿

有村温泉 さくらじまホテル

月讀神社

桜島に上陸

湯之平展望所

溶岩なぎさ公園足湯

叫びの肖像

桜島シーサイドホテル(混浴あり)

桜島マグマ温泉

絶景風呂!!城山観光ホテル